RDC

株式会社和食人材プラットフォーム

社長メッセージ

日本のすし・和食を
世界へ、未来へ

代表取締役社長 坂口 岳洋

社長写真

私たち㈱和食人材プラットフォームは、寿司を中心とした和食の基礎的な知識と技術を持った人材の育成を行なっています。現在運営している「ジャパンすしカレッジ」は、個人への授業はもちろんの事、多くの飲食系企業からの研修を受け入れることにより、より実践的な人材の育成を行なっています。 現在運営している築地本校をはじめとして、マレーシア、バンコクでの教育機関の立ち上げを予定しています。また、福建省・大洋百貨店の和食レストランモール全体への日本式人材教育の実施等を皮切りに、中国でも広く教育事業を進めていく計画です。 また、私たちは農林水産省が行なう「海外における日本料理の調理技能認定」制度の運用・管理団体でもあります。この制度は、海外の日本料理調理人に対し、日本国の定めた日本調理技術の認証を行い、世界に日本料理調理人を増やしていく国の事業です。 現在、アジア圏を中心とした6つの認定団体を通じて日本国の認めた認定者を輩出しており、今後は北米・欧州への展開を含め私どもが主導し、しっかりとした「和食」調理人を世界中に増やしていきます。 「日本のすし・和食を 世界へ、未来へ」。この理念のもと、私どもは、国内外の「人」の育成を通じ、日本の誇るすし・和食の発展に貢献していきます。

(株)和食人材プラットフォームの公式HPはこちら

http://washoku-jinzai.co.jp/